- MENU -

海外旅行でのショッピングについて

海外旅行でショッピングをする際には、免税措置が受けられる場合があります。その基準は国によって異なりますが、1店舗あたりの最低利用額が決まっていることがほとんどです。そのため、価格や品揃えなどを検討してまとめて購入する方がお得になることが多いです。
免税手続きには、航空チケットとパスポートが必要になることがほとんどです。国によって基準が異なりますが一般的には原本を持っていくとスムーズに手続きが進みます。
また、たとえ免税が受けられたとしてもすべての税金が免除されるわけではなく、申請手数料が数パーセント程度販売店によって取られます。小物は免税の袋に入れてもらえますが、海外旅行地でその袋を開けると空港で課税されますから絶対に開けないようにしないといけません。現地で消費するものは課税されます。
大きなものは海外旅行先の現地空港で受け取れることもあります。その場合は帰国日程などをあらかじめ知らせる必要があるため、その確認も必要です。
海外で買い物をしたものを郵送で送る場合は物によって、日本の税関で別に課税されることがあります。そのうえ、農産物など日本の法律に違反するものは没収されることもあるため、海外でショッピングを行う場合には事前確認も重要です。

初めて海外旅行へ旅立つ人へ

グローバル化が進み、海外赴任や帰国子女が周りに大勢いる時代になりました。
しかし、そんな中でも海外旅行の経験が全くなく初めてパスポートを利用する人も少なからず存在します。そんな初めて海外旅行へ旅立つ人へ、これだけ忘れないで欲しい点をリストアップします。
パスポートは何よりも大切である事を忘れない。いざという時のトラブル対応窓口を把握しておく。郷に入らば郷に従え。
パスポートは貴方自身の証明書です。出入国だけでなく、現地で様々な手続きを行う際も必要になる大切な書類です。渡航先の治安にもよりますが、肌身離さず大切に扱う物である事を忘れないでください。
また、万が一トラブルに巻き込まれたり、体調不良を起こした際の駆け込み寺、つまり現地の日本大使館や旅行会社の窓口の連絡先は何かに記録して持ち歩くと安心です。
最後に、日本国内での旅行でも言える事ですが、現地には現地のしきたりやマナーが存在します。柔軟に受け入れ、こちらが相手の陣地に入り込んでいる事を忘れず、謙虚な気持ちで対応しましょう。
この3点さえ忘れずに行動すれば、海外旅行も楽しく実りある物となるでしょう。難しく考える必要はありません、渡航先でも日常生活を送っている人々がいます。楽しい旅を満喫してください。

Favorite

時計のような小物から軽自動車等の大物まで何でも回収致します

長崎 不用品

高槻にあるインプラントにも詳しい歯医者

インプラント 高槻

的確なご提案でお客様の経営的なお悩みを解決します。

横浜で税理士を頼る

気軽に相談したり見積りを依頼して、条件に合った税理士を見つけてください

一宮市 不動産

吉祥寺で受けられるインプラント治療

インプラント

税理士事務所歴40年以上の税理士が対応いたしますので安心しておまかせください

岡山 相続

Last update:2017/10/10